tomizawatop 「ドゴンの造形と冨沢恭子の柿渋染めかばん展」はじまりました。
2013年 「祈りのかけら」冨沢恭子の柿渋染めと縄文土偶展、2016年 冨沢恭子「ボロとかばん展」に続き、3回目となる今回のテーマは「ドゴンの造形と冨沢恭子の柿渋染めかばん展」。
ドゴン族の木彫と冨沢さんのかばんが、ふしぎと違和感なく同じ空間にならびました。企画のためドゴン族の伝統的な文様をヒントに、かっこいいタペストリーもつくってくださいました。
柿渋染めは、「太陽染め」とも言われ、柿渋の果汁を熟成させ...

2018/02/10

こさじいちtop 「コウボパン 小さじいち」さんのパン販売がはじまりました
鳥取県・大山の山あいにお店をかまえる「コウボパン 小さじいち」さん。小麦粉と酵母と塩。シンプルを追求した生地の中に、小麦の香りや酵母の甘みなど自然が持っているおいしさを詰め込んだ絶品のパンが、今年もアチブランチにやってきました。かわいい焼き印のはいった食パンやマフィン、バケットやカンパーニュ、フルーツやチーズのパンなどなど。小さじいちのスタッフさんが夜中までかかって焼き上げてくださった、たくさん...

2018/01/20

祈りtop 「祈りのかたち」信仰の造形展2 はじまりました。
本日より、「祈りのかたち」信仰の造形展が始まりました。
冬の倉敷は、いつもより静かで清らかな空気。
お散歩がてら、どうぞお運びください。

今回展示のA2ポスターサイズのフライヤーは、大沼ショージさん写真にサイトヲヒデユキさんデザイン。
金×墨の特色2色刷の美しい仕上がりは、さすがゴールデンコンビによるものです。
折り目のついていない状態で欲しい方には、会場にて差し上げますのでお声かけください。(シ)

2018/01/13

吉村top 吉村和美個展はじまりました。
繊細で複雑な色合いと、洗練されたシンプルなフォルムが特徴の吉村和美さんうつわ。美しい色のうつわがずらりと並びました。さまざまな種類のうつわは、どれをとってもサイズや深さなど、日常の使い勝手が抜群に良いものばかりです。安心感のある厚みがあることも魅力のひとつで、また丸みのあるフォルムが手にやわらかく馴染み、あたたかさを感じます。同じ形や色のものでもひとつずつニュアンスが異なりますので、ごゆっくり...

2017/12/23


つづきを見る →