home > Information > 9月8日(土) 折形デザイン研究所の「婚礼用の紙幣包み」ワークショップ
ori2


日本には古くから「折形(おりがた)」と呼ばれる贈り物を包む礼法があります。

『 折形デザイン研究所 』は、伝統的な「折形」をモダンデザインの観点から捉えなおし、
現代の暮らしへ取り入れることを目指すグラフィックデザイナーにより2002年に発足しました。
以来、展覧会・ワークショップ・教室の開催・本の出版・手漉き和紙の職人とのコラボレーションによる
オリジナル商品の開発など、さまざまな活動を通して、折形の美と精神を伝え続けています。


中国地方で初となる今回の講座は、倉敷意匠アチブランチ「祈りの紙々展」の期間中に合わせて開催いたします。
『折形デザイン研究所』ならではの授業内容で、日本の美しい習わし「折形」を学んでいただき、皆様の生活の中に活かしていただければ幸いです。


◎ワークショップの内容
折形の歴史、原則の話をまじえながら、「婚礼用の紙幣包み」を手ずから折り上げる講座です。美濃の手漉き和紙二枚を折り合わせてできる折形で紙幣を包み、水引を結びます。


◎日時 9月8日(土)

昼の部14:00~16:00
夜の部19:00~21:00  ※ 終了致しました。


◎定員 各回24名


◎場所 林源十郎商店本館3F ワークショップスペース 


◎講師

山口 信博/折形デザイン研究所主宰 山口デザイン事務所代表
山口 美登利/折形デザイン研究所所員

http://origata.com/info/

 

◎受講料 5,000円(材料費込み)


お申し込みから1週間以内に、受講料を指定銀行へお振込み、または、店舗へお支払いただき、受講料のご入金確認をもって正式予約完了となります。(お振込の場合、振込手数料はご負担お願いします。)


※基本的にお申し込み後のキャンセルはお受けできません。お申込みは、下記の申し込みフォームからお願いいたします。折り返し、ご送金方法などお知らせいたします。先着順に受付し定員に達しました場合、お申し込みをお断りする場合があります。あらかじめご了承お願いいたします。