home > blog > アチブランチ限定「童仙房茶舗のほうじ茶」新登場です。
ほうじ茶1


ほうじ茶2

京都宇治の童仙房 茶舗さんは、30年前から有機栽培でお茶を作っています。
通常のお茶栽培では、年12〜13回の農薬散布が必要だそうです。
これに対し、”毎日飲むお茶にこんなに農薬をかけて良いのだろうか”と考えた童仙房茶舗さんは、1980年にきっぱりと農薬をやめたものの、当時はほとんど変人扱いだったといいます。
病虫害が大発生し、収穫も半分に落ち込みました。
しかし何年か経つと、茶の木に免疫力が出てきて木が元気を取り戻したのです。
徐々に理解者も増え、農林水産省が認定する有機JAS規格を取得しました。

このお茶をぜひ皆様にも知っていただきたいと思い、この度アチブランチで取り扱いさせていただくことになりました。
アチブランチ限定のオリジナルパッケージは、同じく京都の型染め作家 関美穂子さんにお願いしました。
安全でおいしい「童仙房 茶舗のほうじ茶」をおみやげにもぜひどうぞ。