home > blog > 来週から ”大『紙モノ』月間” 始まります!!!

8月28日より9月23日まで、大『紙モノ』月間とも言うべき紙モノにまつわるイベントが、目白押しです。
紙モノ好きの方、この1ヶ月間は見逃せません!

祈りの紙々2
(1)「祈りの紙々展」
   08/28(火)〜09/23(日)
ヨーロッパ15〜16世紀の手書き写本によるキリスト教時祷書、グレゴリオ聖歌、活版印刷創世期の印刷物、
また日本で平安時代〜鎌倉時代に作善としておこなわれた印仏、江戸時代の護符など、
祈りを託した「いにしえの紙々」約100点を展示販売いたします。

数百年を経て大切に守られてきたこうした紙ものを、同時にこの点数見られる機会は稀だと思います。
展示記録として、大沼ショージによる写真集を出版いたします。
http://atiburanti.classiky.co.jp/classiky_apps/exhibition/15/page~1




ori2
(2)折形デザイン研究所の「婚礼用の紙幣包み」ワークショップ
   9月8日(土) 
日本には古くから「折形(おりがた)」と呼ばれる贈り物を包む礼法があります。
『 折形デザイン研究所 』は、伝統的な「折形」をモダンデザインの観点から捉えなおし、
現代の暮らしへ取り入れることを目指すグラフィックデザイナーにより2002年
に発足しました。
以来、展覧会・ワークショップ・教室の開催・本の出版・手漉き和
紙の職人とのコラボレーションによるオリジナル商品の開発など、
さまざまな活動を
通して、折形の美と精神を伝え続けています。

講師として、山口信博氏、山口美登利氏をお招きして、中国地方で初となる講座を開きます。
『折形デザイン研究所』ならではの授業内容で、日本の美しい習わし「折形」
を学んでいただき、
皆様の生活の中に活かしていただければ幸いです。


お申し込みは、HPまたはお電話にて。
http://atiburanti.classiky.co.jp/classiky_apps/news/97



紙の工作所ws
(3)かみの工作所フェア
   8月28日(火)〜9月23日(日) 
「かみの工作所」は、紙の道具の可能性を追求するプロジェクト。
多くのデザイナー
たちの斬新な発想と、これまで印刷紙器会社として培ってきた誠実な工夫からなる数々の紙道具には、
驚きと楽しさが満ちあふれています。
「かみの工作所」の全ラインナップを展示販売いたします。

(4)「空気の器」ワンコインワークショップ
期間中は毎日ワンコインワークショップを開催します。
こちらは予約不要です。お子様とともにご家族にてご参加下さい。
http://atiburanti.classiky.co.jp/classiky_apps/news/100