home > blog > 「革の仕事|Dove &Olive展」はじまりました。
約4年ぶりとなる、Dove &Oliveさんの個展。
一日かけて設営してくださった会場は、革の香りに満たされた、Dove &Oliveの世界観へとがらりと変わりました。
ひとつひとつこだわり抜き、美しく仕上げられてゆく作品の背景がそこからも伺えます。
倉敷市在住の小野一さん。植物タンニンを使用しゆっくりと時間をかけて鞣されたイタリア産の上質な牛革を主に、
鞄や財布などの革小物を製作されています。
今回は、やわらかな羊革や、以前の製作に使われていた貴重なリネン生地のパッチワークトートなど新作も加わっています。
革そのものには、たくましさのようなものも感じますが、それに手作業のステッチや丸くころっとした形、機能的な使い勝手など、使う人への細やかな気遣いと想いが加えられることで、あたたかみのある姿に変化しているように思います。
特にイタリア産の牛革を使ったものは、使っていくうちに艶が出てきて、味わい深くなっていくのがとても楽しみなんです。
できてしまった傷もその経年変化により目立たなくなってきますので、あまりお手入れを気にする必要もありません。
何より一つ手に持った時のかっこ良さはDove &Oliveさんならではのものだと思います。
ぜひ、見にいらしてください。(カ) 

D&O2 D&O3 
D&O6 D&O7 
D&O9  D&O11
D&O12 D&O15 
D&O16 革の仕事|Dove & Olive展   
2018年 09/01(土)~09/27(木) 
10:00~18:00 (最終日10:00~16:00) 
休業日 09/03(月),10(月),18(火),25(火)  
D&O1 D&O4 D&O5
D&O8 D&O10 D&O13 
D&O14