home > blog > 山口和宏個展「毎日の木のうつわⅡ」始まりました。
山口和宏8

福岡県うきは市に木工所をかまえる山口和宏さん。
繊細で軽みあるフォルムでありながら、しっかりとした木の重みも感じられる安定感のあるうつわ。
山口さんのお宅では、木のうつわはパスタやサラダはもちろん、煮浸しやら、揚げたての天ぷらにも使われています。
そうして傷がついたり染みがついたりしながら、しっとりと深い色に育ったうつわは、より美しさが増していました。
木のうつわは落として割れる心配もありませんし、洗った後にきちんと拭いて、自然乾燥させるだけなので、実は扱いも難しくありません。
毎日の食卓でどんどん使って育てていきたくなるところが、山口さんのうつわの魅力のひとつだと思います。

そして、同時開催の大沼ショージ写真展「木の器」。
イタリアの静かながらも濃密の空気の中で撮影された山口さんの木のうつわの生写真12枚を、山口さんの額裝に入れて展示販売しています。
是非実物をご覧ください。(カ)

山口和宏1 山口和宏2
山口和宏3 山口和宏4
山口和宏5 山口和宏6
山口和宏7 山口和宏9
山口和宏10 山口和宏11
大沼ショージ1 山口和宏個展「毎日の木のうつわⅡ」
2018年3月3日(土)〜3月22日(木)
大沼ショージ2 大沼ショージ4
大沼ショージ5 大沼ショージ3