home > gallery > 「絵をもって歩く」月兎社トート展
トート展2

「絵をもって歩く」月兎社トート展
2017/05/20(土)〜06/08(木)
10:00-18:00 (最終日/10:00-17:00) 月曜定休

「また素敵な作家さんを見つけたよ。」と言う編集者・加藤郁美さんの嗅覚の鋭さには毎度驚かされる。
トリノコ(五十子友美)、sennokoto(菅原しおん)、赤飯堂、竹上妙、花松あゆみ。
彼女の琴線に触れた個性的な5人の作家の作品をトートにしてお届けします。
大好きな作家の作品を肩からさげて、野原へ街へ。

各作家の他作品も合わせて展示販売いたします。
※月兎社・加藤郁美在廊日 / 5月20日(土)

*トリノコ(五十子 友美)
1984年、三重県に生まれる。武蔵野美術大学卒。
2010年より「絵と木工のトリノコ」の屋号で絵を描いたり木を彫ったりしている。

*sennokoto(菅原 しおん)
東京生まれ。ミシン刺繍作家。
武蔵野美術大学テキスタイル専攻卒。
2016年、「sennokoto by Shion Sugawara」を立ち上げ、ミシン刺繍のバッグやスカート、インテリア小物などの作品を中心に作家活動を始める。

*赤飯堂
便箋等の個人制作をし展示会や手紙をテーマにした催しをしていました。
現在は個人としての制作を終了しました。

*竹上 妙
1986年、東京生まれ。
2008年和光大学表現学部芸術学科卒業。
卒業後は個展を中心に活動。
「見たら見られた」をテーマに木版画を制作。

*花松 あゆみ
青森県生まれ。
おもにゴム版画による作品を制作。
書籍や雑誌などでイラストレーターとしても活動している。

*月兎社(加藤 郁美)
北海道生まれ。
編集者として作品社に勤務ののち独立。
著書に『切手帖とピンセット:1960年代グラフィック切手蒐集の愉しみ』『にっぽんのかわいいタイル:昭和レトロ・モザイクタイル篇』『シガレット帖』『どうぶつ帖』がある。